本文へスキップ

プロフェッション法務事務所は、登記手続きや建設業の許可申請手続きを専門とする司法書士・行政書士事務所です。

TEL. 0561-54-6832

〒488-0830 愛知県尾張旭市東印場町2−7−3
メルヴェーユ12B−2

定款変更

定款は会社の憲法

  • 定款を変更するには
 定款(ていかん)とは会社の根本規則のことで、例えば株式会社の場合ですと設立に際して作成します。
定款は会社の憲法として存在し、会社は定款に従って決め毎をしていかなければなりません。
その定款ですが、時間を経るにつれて会社の現状に合わなくなってくることがあります。
「事業目的を変更したい」「役員の任期を変更したい」「商号を変えたい」「取締役会を廃止したい」などいずれも定款の記載事項であるため、原則株主総会の決議を経て変更する必要があります。

  • 定款を変更したら登記も済ませておきましょう
 定款の記載事項の中には「登記事項」といって登記しなければならないものがあります。
例えば
・商号
・事業目的
・本店の所在地
などが典型例です。
これらを変更すると変更後2週間以内に登記をしなければなりません(会社法第915条)。
登記を怠りますと、裁判所より過料に処せられることがあります。

  • 定款変更の手続き費用
項 目 金 額 
 相談料
(事件を受任に至った場合には頂いておりません。)
 初回無料
2回目以降 30分ごと 5,400円
 登録免許税
(法定費用)
30,000円 〜 ※1
登記申請代理
(司法書士報酬)
16,200円 〜
 株主総会議事録作成
(司法書士報酬)
5,400円 〜 
 履歴事項全部証明書
(法定費用)
1通につき 480円 
履歴事項全部証明書取得手数料
(司法書士報酬)
1通につき 1,080円
※1 登記の内容によって変動します。
※2 別途交通費や証明書取得料等実費がかかります。
※3 登記を伴わない定款変更についてもご相談を承ります。

費用計算の例
株式会社の事業目的を変更したため、当事務所に目的変更登記を依頼した場合


 登録免許税  30,000円
 目的変更登記申請代理 16,200円
株主総会議事録作成  5,400円
履歴事項全部証明書  480円
履歴事項全部証明書取得手数料  1,080円
郵送費等 1,000円
 合計 54,160円

バナースペース

司法書士・行政書士
プロフェッション法務事務所

〒488-0830
愛知県尾張旭市東印場町2−7−3
メルヴェーユ12B−2

TEL 0561-54-6832
FAX 0561-54-6811

info@profession-office.com