〒488-0830 愛知県尾張旭市東印場町2-7-3 メルヴェーユ12B-2(旭前駅南口から徒歩4分)

営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

0561-54-6832

所長コラム

【国際】いよいよ変革期到来か 2020/09/09

大きな買い物は慎重にすべきかもしれない

7月から8月にかけてもあまりにも社会の変化が激しく、書きたいことは山程あったのですが、書いては消し、書いては消しの毎日でした。

大きなニュースとしては、安倍総理が辞任を発表したので、今日は政治について書いてみたいと思います。

令和2年8月28日に安倍総理が健康問題を理由に辞任会見をすると、今まで徹底的に総理を非難していたニュースは消えて無くなり、また同時にコロナ関連のニュースも激減しました。メディアがコロナを利用して「安倍降ろし」をやっていたことがわかりやすかったパターンと言えます。

次期首相と思われる菅官房長官のコメントを読みましたが、概ねグローバリズム継承路線で行くようですので、引き続き日本が途上国に富を吸い取られ、貧しくなっていくのは避けられないように思います。

米国についても似たような現象が起きており、米国では次から次へと事件が起こり、全てトランプ大統領のせいにされています。

ナショナリズムとグローバリズムの激しい闘いが起きており、Qアノン運動も最近さらに盛り上がりを見せているようです。

個人的にはナショナリズムが勝つと嬉しいのですが、調べれば調べるほどグローバリズムの巨大さに圧倒されます。

今、世界は大転換期に入っており、ここから10年くらいはこの激震が続くと予想されます。

トランプ大統領が再選されたらすぐに抗議運動が起きそうですし、落選すれば長期的に戦争突入リスクが高まると言えます。正直調べれば調べるほど気が滅入るような状況とも言えるかもしれません。

政治に関心を持って心を痛めても現実が良くなるわけではありませんので、ある程度今世界で起きていることを頭に入れつつ目の前の現実とも対峙していかないといけません。

週末、仕事と関係のない人と話をしていると、平和な話題ばかりでとても世界が大転換期に入ったとは感じません。しかし、コロナウイルスがそうであったように、突然その平穏な日常が終わってしまうかもしれないという緊張感は常に持っておきたいものです。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0561-54-6832
営業時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0561-54-6832

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

司法書士
プロフェッション法務事務所

住所

〒488-0830
愛知県尾張旭市東印場町2-7-3 メルヴェーユ12B-2

アクセス

旭野高校すぐ近く

営業時間

9:00~18:00
(窓口時間。電話は20:00まで繋がることが多いです。)

定休日

土曜・日曜・祝日
(時間指定で対応できます)

フォームからのお問合せは24時間受付しております。